カズマは何かを話したい

思いつきで色々なこと書きます

次環境でアローラベトベトンはどう評価されるか

 

先日とある方とDMで会話をしていた時、こんな話題が上がりました。

f:id:kazumapokeka:20180816000427j:image
f:id:kazumapokeka:20180814223640j:image

(訳:このカードは新しいダストダスになるだろう。ヤレユータン,メタモン◇,レックウザGX,シンボラーGX,カプ・テテフGX,フーパを止められる。)

 

はい、アローラベトベトンについてです。

 

 

アローラベトベトンとは

アローラベトベトンは、拡張パック「コレクションムーン」「GXバトルブースト」に収録されているカードの1枚。特性によってお互いのたねポケモンの特性を無くすことができるポケモンで、サンムーンレギュで止めることの難しい特性を、止める特性を持つポケモンです。

このカードが多くの人に注目されるようになったのは、恐らく、CL2018横浜のマスターリーグで準優勝になったイトウ シンタロウ選手が使用していたルガルガンゾロアークの中にそのカードが採用されていたからだと思います。

f:id:kazumapokeka:20180814225203j:image

ゾロアークGXが苦手とするウソッキーの特性を止めることができ、かつ相手のシェイミEXやカプ・テテフGXを機能させなくするために採用されていました。ルガゾロにとてもマッチしていたカードだと思います。

 

・サンムーンレギュではどうか?

 

特性を止めるのが難しいサンムーンレギュでは非常に強いカードだと僕は思っています。

たねポケモン主体のデッキは多く組まれているので、デッキによっては存在するだけで完封してしまうこともあるかもしれません。

自分のポケモンの特性も止めてしまいワンダータッチ等が使えなくなるので、特性を止めつつも安定してドローできるゾロアークGXと組むのが1番良いと思います。

 

アローラベトベトンを採用するメリットとデメリット

アローラベトベトンを採用するメリットはもちろん特性を止められることです。

序盤、中盤、終盤、いつでも登場してくるカプ・テテフGXをはじめ、環境に多いゼラオラGX,レックウザGX,ツンデツンデGX, 置物プリズムスタディアンシー◇,やっかいな特性を持つフーパ,シンボラーGX,などの強い特性を止めることができるので、非常に戦いやすくなると思います。

 

デメリットとしては、

カラマネロ,マグカルゴGX,妖アロキュウGX,ソルガレオGX等の1進化、2進化ポケモンの特性を止められない

ダストダスとは違い、たねポケモン限定なのがやはり大きな点です。

刺さる相手にはとことん刺さりますが、そうでない相手には邪魔なカードになってしまいます(ハイパーボール等の糧にはなりますが)。

進化GXの特性を止めたいなら素直にグレイシアGXを使いましょう。

・相手のマニューラの打点があがる

これは出さなければ良いだけなのでまだセーフ。

・かるいしが無いので逃げることが難しい

これはグズマで呼び出された時やアロベトスタートしてしまった時に起こる問題。こちらもグズマを使ってベトベトンをベンチに下げられれば大きな問題ではないですが、引けないと相手に稼がれたターンで準備を整えられてしまうこともあるかもしれません。

 

・環境しだいでは非常に強いカードになる可能性もある

9月から始まる新レギュレーションに向けてデッキを作ったり、練習している方が多いと思います。しかしまだ環境が全く読めず、「何が本当に強いデッキか」はまだ明確にはわかりません。

今後のチャンピオンズリーグやシティリーグ等で結果を残したデッキ達が環境を支配すると思いますが、そこで特性持ちたねポケモン主体のデッキが多く入賞すればベトベトンの評価も上がり、恐れられるカードになることでしょう。

今後の結果に期待です。

 

・新たなダストダスにはなるのか

全てのポケモンの特性を止められるわけでは無いので完全に新たなダストダスになるとは言えませんが、1進化で立てやすく、グレイシアGXやケッキングとは違いベンチにいても特性を止められるので使い勝手は悪くないと思います。

f:id:kazumapokeka:20180815005213j:image

今まで行われたサンムーンレギュの大会を見るとアローラベトベトンを採用している人はほとんどいなかったので無警戒な人が多いと思います。出されたらギョッとするかも。

 

・最後に

自分はサンムーンレギュでこのカードの採用を推します。やはり特性を止めることが出来るのは強い上、先程も書いた通り恐らく多くの人が無警戒なので、相手の作戦を崩しやすいと思います。

 

今後登場するポケモンによってはまた多くの注目を浴びるカードになるかもしれません。